男女差別のない社会へ

2021.10.01


1いいね

こんにちは!山邊です!😊

みなさんは普段の会話の中で、「男らしい」とか「女らしい」という言葉を使いますか?
普段何気なく使っている人も多いと思いますが、最近この言葉が差別的な発言なのではないかという問題があります。
CMなどでも「男は臭い」や「料理は女がやるもの」など、なんとなく昔から、男性と女性それぞれのイメージがあったりしますよね。

そんな中で、最近「ジェンダーレス」という言葉が出てきました。ジェンダーレスとは性差のないとか、性差をなくそうとする考え方のことで、芸能人でも自分はジェンダーレスだと公表している人も出てきましたよね。

このジェンダーレスという考えが企業という環境の中でも重視されるようになってきています。例えば、LGBTQ +の方に対する理解への研修であったり、性別による制服の指定がない、男女兼用トイレがある、などのさまざまな取り組みをする企業が増えてきています。

それでもまだ会社の中で「男性なのに育児休暇を取るの?」であったり、「女性は産休や育休があるから昇進は難しいよ」などの男女差別がある企業はあります。そんな中でも男女差別撤廃であったり、誰もが働きやすい居場所づくりをしている企業は増えてきています。JobNSではそんな企業を応援しています。
これからどんどんそんな企業の掲載数を増やしていっています。企業だけでなく、採用を通して男女差別をなくしたり、性に左右されないような社会を目指していきます!🌈

JobNSには、LGBTQ +の方もそうでない人も、全員が働きやすく「会社に行きたい!」と思えるような企業が多く掲載予定ですので、みなさんも様々な人と交流できる企業で働きませんか?